マーチンゲール法で勝つための方法

応用の効くマーチンゲール法

いろいろなギャンブルに応用の利くマーチンゲール法
システムベットの一種であり、重要な戦略の一つです。
この方法に取り組むためには、勝率の高さが大変重要となります。
そのため、勝率50パーセント配当1倍のゲームを選んでください。

まず最小の単位で始めてみましょう。
具体的には1ドルを賭けて勝負します。
勝てばOKですが、負けた場合には次の勝負から重要になりますよ。
次は倍の2ドルを賭けます。
ここで勝てばOK。
また1ドルにもどして賭けていきましょう。
問題は2回とも負けた場合。
3回目はさらに倍の4ドルを賭けます。
つまり2回の勝負で3ドル負けていますから、取り戻すために4ドルを賭ける、ということです。
負け続けた場合に倍賭けしていくのが、マーチンゲール法。
理論的には必ずプラスで終えることができます。

必ずプラスが出る攻略法

「これこそ夢の必勝法だ!」
ギャンブル初心者はこのように感じてしまうのではないでしょうか?
理論上、必ず勝つことになるのですが、残念ながら世の中そう上手くはいきません。
なぜならば、連敗が続いてしまいますと、大金をベットしなければ負けを取り戻すことができないのです。

例えば10回連続で負けてしまったとしましょう。
そんなに負けることはない、と感じるかもしれません。
確率としましては0.1パーセント。
1000回に1回出現する確率なのですが、ベテランギャンブラーのほとんどが体験しています。
万一10連敗してしまいますと、1ドルから始めたマーチンゲール法の負け総額が1023ドル。
取り戻そうとするならば、11回目に1024ドルを賭けなければなりません。
これは非常にプレッシャーが大きく、しかも軍資金が底を尽いてしまったならば退場を余儀なくされてしまいます。
もちろん11回目に勝利を収めれば、プラスにすることができるのですが、差し引きの勝ち金はわずか1ドルとなるのです。

どんなに大金を賭けても儲けは1ドル

それから注意しなければならないのはベットリミット。
MAXベットが設定されていますから、超えた金額をベットすることができません。
負けが続いてしまい、取り戻そうとしてもリミットを超えた賭け方ができなければ、マーチンゲール法が破綻してしまいます。
そこで、なるべく勝率の高いゲームを選ぶ必要がありますので、50パーセント勝率のカジノゲームを例として挙げたのです。

ただし、マーチンゲール法はさまざまな改良が可能。
システムの仕組みを理解することができれば、自己資金やベットリミットにフィットした方法を編み出すことができますよ!