ブラックジャックはシンプルで参加しやすいのが魅力

ディーラーとの駆け引きが醍醐味

ディーラーとの駆け引きが醍醐味
ブラックジャックは「21(トゥエンティ・ワン)」の名称もある、世界中で愛されてきたカードゲームの定番です。
ディーラーとの駆け引きがものをいうゲームで、これまで様々な攻略法が開発されてきました。

ルール自体は比較的にシンプルで、誰でも参加しやすいのも魅力の一つです。
プレイヤーが勝利するには、ディーラーよりも「カードの合計点」が「21」に近いことです。

但し「21」より1点でも多いと「バースト」となり負けとなります。
カードの数え方は、2~9までは数字通りで、10~Kまでは全て「10」となります。

そしてAだけは「1」又は「11」として数えることが可能です。
Aと「10」で21となった役を「ブラックジャック」と呼び、その時点で勝ちが決まります。
但し、双方がブラックジャックなら引き分けです。

ダブルダウンとスプリット

ダブルダウンとスプリット
ブラックジャックでは、特殊ルールとして「ダブルダウン」と「スプリット」が設定されています。
両者ともプレイヤーに与えられた特権であり、成功することで配当を増額できるメリットがあります。
ダブルダウンは最初の2枚が配られた際に、ベット額を倍にするものです。

その代わり、ヒット(カードを引くこと)できるのは1枚のみとなります。
ダブルダウンを行うには、自分の手札が相当に有利な場合に限ります。

スプリットは、最初の2枚がペアになった際に使える手法です。
それぞれのカードに対して、新たに追加のカードをもらうことになります。

これによって、独立した手札としてゲームを続けることが出来ます。
スプリットはダブルダウンと異なり、カードを何枚でもヒットすることが可能です。

その他の特殊ルール

ブラックジャックにはゲームの種類によって、ダブルダウンやスプリット外にも様々な特殊ルールがあります。
「サレンダー」は最初に配られた時点で、プレイヤーが降りることを宣言するものです。

これによって、ベットした金額の半額が戻って来るルールです。
「インシュアランス」は、その名の通りディーラー側に「保険」を掛けられるものです。
ディーラーの1枚目のカードがAの場合、ディーラーがブラックジャックになることにベットできます。

但し、ベット額は最初の半額となります。
尚、ディーラーがブラックジャックにならなければ、インシュアランスは没収されゲームはそのまま続行されます。
「イーブンマネー」は、プレイヤー側にブラックジャックが成立した際に使える手法です。
賭金は最初の半額で、ディーラーもブラックジャックになれば賭金の倍が受取れます。

ボタン一つで簡単操作

ブラックジャックをライブカジノでプレイするには、オンラインカジノから好きなテーブルにアクセスします。
テーブルごとにミニマムベットとマキシムベットが設定されており、参加可能人数は基本的に7名です。

ディーラーから「プレイスユアベット」の合図があるので、ベッティングエリアにチップを配置します。
「ノーモアベット」でベットは締め切られ、ディーラーがカードを2枚ずつ配ってきます。

そしてディーラーは各プレイヤーに対して、カードを追加するかアクションを尋ねます。
カードを追加する場合は、ヒットボタンを押します。
追加しなければ、スタンドボタンを押すことになります。

その他、ダブルダウンやスプリットの操作もボタン一つで行えます。
また、ライブカジノのブラックジャックには「サイドベット」機能も備わっています。

様々なタイプのゲームが揃ってる

様々なタイプのゲームが揃ってる
オンラインカジノで楽しめるブラックジャックには、様々なタイプが揃っています。
エボリューションゲーミングの「フリーベットブラックジャック」は、スプリットとダブルダウンをいつでも行えるのが特徴です。

これらを戦略的に使うことで、配当を効果的に増やせるのが魅力です。
「ブラックジャックパーティ」は、ディーラー二人による進行が特徴のゲームです。
ルールは通常のものですが、ディーラーが場を様々に盛り上げるパフォーマンスが楽しめます。

観ているだけでも楽しめるので、初心者も思わず引き込まれるものです。
「インフィニティ・ブラックジャック」は、参加人数に制限がないのが特徴のゲームです。
全員が同じ手札でプレイすることになり、特別なシステムを活用して勝利金を獲得できます。

ブラックジャックの基本戦略

ブラックジャックには基本戦略があり、それにより勝率をアップさせることが期待できます。
基本戦略でポイントとなるのが、ディーラーの伏せカードとプレイヤーが次にヒットするカードは「10」とすることです。

それは確率論からも明らかになっていることで、J~Kも「10」となるためです。
この前提によって、最初の2枚で次に採るべき戦略が決まって来るわけです。

カードの合計が17~21なら「スタンド」します。
それは、ヒットするとバーストする確率が高いからです。

カードの合計が12~16ではディーラーの手札を見て決めることになります。
その際には、ディーラーのアップカードのバースト確率が判断材料となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です