オートメーションのようなカジノゲーム

オンラインカジノのバカラで楽しもう

オンラインカジノのバカラで楽しもう

オンラインカジノのバカラは非常に魅力的なゲームといわれています。
オンラインカジノのバカラは実は世界中の多くのプレイヤーから愛されていて、魔物のゲームといわれているほどです。

海外のカジノでは、常に満席状態ということも珍しくはありません。
VIPのプレイヤーもホテルのスイートルームで楽しんでいると言われており、バカラに取り憑かれたように入れ込んでいる人は多いのです。

ゲームそのものはとてもシンプルです。
バンカーとプレイヤーの、どちらが9に近くなるかということを予想し、そして別途するというシンプルなゲームです。
ベット時以外は全てディーラーによって進行されるゲームですし、カードを引くかどうかも選択はプレイヤー側がするわけではありません。
全てルールによって決まっていますし、ブラックジャックのように、上手い人・下手な人というのが分かれにくくなっています。

カジノゲームの中でも特に大金が動くゲームとなっていて、初心者からコアなベテランプレイヤーまでが楽しめるゲームとなっています。

カードの数え方とは?どのようにカウントする?

バカラはトランプを使ったゲームです。
カードの数え方ですが、トランプを数える時とほぼ同じになります。
ブラックジャックと似ていますが、少々違いがあります。

まず、1~9までは通常通り数字としてカウントします。
10及び11以降の絵柄カードは全て0になります。

つまり、9のカードが最強のカードになり、0が最も弱いカードということになります。
あくまでも一桁目の数字で勝負をしますので、例えば合計した時に10になってしまった場合は0になります。
10以降になれば全て一桁目の数字だけになるので、ここに注意をしましょう。
慣れてきたら、すぐにカウントすることが出来るはずです。

バカラの基本的なルールとは?

バカラの基本的なルールとは?

バカラというゲームの基本的なルールは極めて簡単です。
バカラは、「プレイヤー」と「バンカー」のどちらの合計値が9に近いのか、それを予想するというのが基本となっています。
この「プレイヤー」というのは自分の事ではなく、あくまでも架空の第三者の呼び名となっています。

ブラックジャックのような、ディーラーとプレイヤーとの1対1の勝負というわけではなく、あくまで第三者の目線に立つゲームです。
参加者は第三者として、プレイヤーかバンカーのいずれかに賭けるということになります。
バンカーは胴元役・プレイヤーは客役と呼ばれることも多いです。

勝敗は、「配られたカードの数字の合計値の一桁目が9に近い方」で決定されることになります。
最低でも2枚のカードが配られ、そして、バンカーとプレイヤーに配られることになります。
条件によってはもう1枚配られることになり、最大で3枚のカードの合計値で勝負となります。
ただし4枚目以降が配られることはありません。

3枚目のカードが配られる条件とは?

このように、バカラではプレイヤーとバンカーに2枚ずつカードが配られますが、場合によっては3枚目のカードが配られることになります。

その際の条件ですが、プレイヤー、バンカーのどちらも8・9のカードが出た場合には、「ナチュラル」が発生ということになります。
すると、3枚目のカードは配られないことになります。
そして、2枚目のカードで、そのまま勝負を決定する流れとなります。

最初に配られたカードの一桁目の合計値が、プレイヤー・バンカーと共に6か7の場合にも3枚目は配られず、その場で勝負が決定されることになります。
また、プレイヤー側の条件として、0~5であった場合には3枚目のカードが配られることになります。
それ以上の場合にはスタンドという形になり、カードは配られません。

また、バンカー側は条件が異なり、プレイヤーのカードによって変わってきます。
7以上の場合には3枚目のカードが配られることはなく、6以下の数字になるとプレイヤー側の条件で3枚目のカードが配られるのかどうかが変わってくることになります。

プレイヤーが0~5の場合はカードを引くことになりますが、それ以外は条件の表で決められます。
しかし、これらのルールは把握していなくてもディーラー側によって自動的に進んでいきますので、問題はありません。

ベットの方法と配当率について

ベットの方法と配当率について

オンラインカジノのバカラのベットの方法ですが、プレイヤー、バンカーのいずれかに賭けることが基本となっています。
これでもしも的中すれば、2倍の配当となります。
ただし、バンカーの場合は、当たりやすいということもあり、5%のコミッションが差し引かれてしまいますので、注意をしましょう。

また、引き分けの場合には、全て賭け金が返還されることになります。
そして、ペアや引き分けにも賭けることが出来ます。
この場合、的中率が10回に一度とリスクが高いということもあり、大穴狙いで配当が大きくなります。
ペアの場合は11倍、引き分けの場合は、9倍の配当になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です